使ってみよう!

天然まゆ玉 セリシンウォーター 絹re シルクのそよ風 シルクの美粒子 くつしたの下 アウターソックス くつしたの下

作ってみよう!

天然まゆ玉とハーブ精油で作る手作り化粧水!

「手作りシルク化粧水」
 の作り方

約120mlの化粧水1本分を作る時のレシピです。

1

ティーポット(お鍋でもOK!)に精製水300mlを入れて沸騰させたら、シルクバッグ1袋を入れて弱火で30〜40分、湯量が半分程度になるのを目安に、ことこと煮ましょう。

2

煮出した水溶液(セリシンが溶け出ています。)をビーカーなどに移し替えてから、まずグリセリンを加えます。グリセリンの量は下の表を参考に!

 

3

つぎにエッセンシャルオイル(精油)を付属のミニスポイトで4滴加えてから、よくかきまぜて下さい。

4

貴重なセリシン成分入りのシルク化粧水のできあがりです。シルクミルクの専用ボトルに入れてお使い下さい。

季節やお肌のタイプに合わせてグリセリンの量を調整すれば、手作りならではの「自分にフィットするしっとり感」を得られます。

 
春〜夏
秋〜冬
乾燥肌
キャップ2杯
キャップ2と1/2杯
普通肌
キャップ1と1/3杯
キャップ1と2/3杯
油性肌
キャップ1杯
キャップ1と1/2杯

南フランス産高品質クレイの泥パック!

「手作りシルク・クレイパック」
 の作り方

1回分のクレイパックを作る時のレシピです。

1

乳鉢に手作りクレイパック用素材モンモリオナイト(大さじ1と1/2・約12g)を入れます。

2

左のレシピで作った手作りシルク化粧水(大さじ1)を少しずつ加えながら、よく練ります。

3

ペースト状になったらマカダミアナッツオイル(小さじ1)とエッセンシャルオイル(シルク化粧水に用いたものと同じ種類を1滴)を加えて、さらによく練ります。

4

最後に全体をよくなじませてできあがり。さっそくパックしてみましょう。パックの後はシルク化粧水などで仕上げを。

■フェイシャルパックの方法

※最初からいきなり全体に塗らず、脂分の多い部分に短めの時間で試して下さい。かゆみや強いつっぱり感などの異常がないことを確かめてからお使い下さい。
1)洗顔後、頬、額、鼻、あごの順にやさしく塗ります。
2)3〜5分程度おき、うっすら乾いたら洗い流します。
3)水気をふき取り、化粧水などで肌を整えます。

お買物はコチラ



材料の分量や、やさしい作り方を手順をおってさらに詳しく説明した「作り方の手引き」を、商品にお付けしています。


シルクミルクの手作りスキンケア製品は自然でピュアな製品にこだわる方のために、ご自分で材料と製造過程を確認できるよう、手作りに必要な材料をキットにしてお届けしております。また事前にモニターのみなさまに出来上がり品のテストにご協力いただいております。反面、完成品ではないため、お客様のお使いになる器具や作り方、保存方法などにより、出来上がり品に瑕疵が生じる場合がございます。また、一般の完成品の化粧品同様、稀にお肌や体質に合わない場合がございます。右記事項に十分ご留意の上、自己責任でご利用いただきますようお願い申し上げます。

1)耐熱ポットや鍋、ビーカーなど手作りにご使用になる器具、用具類は、事前に煮沸消毒や熱湯消毒をして十分に清潔な状態にしてからお使い下さい。また、作業中、熱湯や火に触れて火傷をしないよう十分にご注意下さい。
2)できあがった製品はご使用前に必ずパッチテストを行って下さい。
3)シルク化粧水(セリシン抽出水)は冷蔵庫に保管し、2週間以内に使い切って下さい。
4)精油の取扱いにあたっては製品に添付の説明書を必ずお読みいただき、使用方法にそってお使い下さい。
5)手作り化粧水の仕上げには、シルクミルク製品にセットされている100%純正のラベンダー、ローズウッド、カモマイル、ネロリ、ローズの精油をお使い下さい。市販の精油には化学薬品や香料を添加している製品がありますので、避けて下さい。濃度はセリシン抽出水120mlにスポイト4滴(0.1ml)、約0.1%弱を標準にお使い下さい。

できあがった手作り化粧水をひじの内側のやわらかい部分に少量塗布します。12〜24時間様子をみます。 この間に発疹、はれ、かゆみ、刺激等の異常を感じたときは直ちに使用を中止して下さい。症状が治まらない場合は皮膚科専門医などにご相談下さい。

天然絹生活ロゴCopyright SILKBRAINS All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく記載 | 個人情報保護方針 | サイトマップ