シルクミルクは、人にやさしくはたらきかける自然素材のチカラに着目した製品を通じて、みなさまの美しく健やかなくらしを応援します。
Wake up like fields after the rain!

インタビュアー/SILKMILKアドバイザリースタッフ:国井えま

天然成分のチカラがつくる、
体に優しく安心できる「美肌」を、
手に入れたいですね!

岩田舞子さん

[ age37 ] 相模原市在住


お客様インタビュー、今回ご協力をいただいたお客様は、以前、シルク化粧水のお話も頂戴したことがある青山の出版社にお勤めの岩田さん。 お洒落なライフスタイルマガジンの企画編集のお仕事と主婦業を両立させて、アクティブな 毎日を過ごしていらっしゃいます。
今回はシルクの自然派化粧品「絹.re」の感想をうかがいました。

まずお伺いしたいのですが、化粧品に一番求める機能は何でしょうか?

季節によって色々ありますが、1年を通して一番必要なのは「保湿」です。シミやシワのケアも大事ですが、最優先させるのは保湿かなと。

あるアンケートでも「保湿」を大切にする方が一番多いという結果が出ていました。保湿という点で「絹,re」はいかがでしたか?

「オールインワン」タイプのクリームのように最初は「絹,re」だけで試してみましたが、正直これひとつだと十分ではありませんでした。なので、化粧水と乳液と合わせて使っています。

おそらく、お肌を触った時にさらっとして潤い感が少なかったと思いますが、実はベタつかずに潤うのがシルク化粧品の特長です。モイスチャーチェッカーのテストでは10回測定した平均値で、「絹,re」を塗った1時間後の潤い度は素肌と比べて60%アップ、お出かけして外気に触れた後の6時間後でも30%もアップしているんです。

そんなに潤ってるんですか。確かにベタつきはすごく少ないですね。

一般の化粧クリームの保湿は、基本的にオイルをかぶせて水分にフタをするという仕組みです。ですから、どうしてもベタベタしてしまいがちです。「絹,re」はシルクに含まれるセリシンという成分をはたらかせて保湿します。セリシンには水分をしっかりと含んで保つ機能があるので、オイルのベタつきがなく内側からしっかりと潤うんです。

なるほど、自然派化粧品ですものね。チカラわざじゃなく、じわじわっと潤う感覚ですね。

他には何か気になったことはありますか?

テキスチャーというか質感が良いですね。なめらかに薄く伸びるので、化粧水や乳液を重ねるときに、とても使いやすいです。

本当に市場には膨大な数の化粧品が出回っていますし、女性は目新しいものは色々試してみたくなりますから、マッチングしやすさというのもポイントかもしれません。

まだ使い始めて1ヶ月くらいですが、単体でも他の化粧品と組合せたときもトラブルは無いです。この商品の2倍くらいのお値段の高級クリームを使っていたことがありますが、容器を見るとケミカル成分がいっぱい入ってるんです。どうしても即効性を求めてしまうので、それらに目をつむるというか頼ってしまいがちですが、長い目で自分の肌を大事にしようと考えたらシルクのような昔からある天然の成分を使う方が安心ですよね。

シルクという素材の特性からすると、確かに今日明日でお肌を激変させるのではなく、年齢を重ねて行くのにつれて健やかなお肌をつくっていただくということだと思います。半年、1年、2年とお続けいただいたときに、化粧品を塗る前の素肌自体の潤いやハリが変わっている…、これが「絹,re」の開発を始めた時に目標としたことのひとつです。

先日、実家に帰って水仕事をした時にハンドクリームとしても使ってみたんですが、かさかさがとれて、しっかりと潤ってました。即効性もあるんじゃないですか?商品の箱に入っているリーフレットも真面目というか、書いてある文章がおとなしめですね。

色々と書きたいこともありますが、お客様に実感していただくのが大事ですから。良いご評価をたくさんお寄せいただくようになったら、もっと強気で書くかも知れません。(笑)

いやいや、もっと効果効能をアピールしてもいい商品だと思いますよ。シルク化粧品でこのお値段ならコスパもいいし。

参考にさせていただきます。本日はありがとうございました。


シルクミルクロゴCopyright SILKBRAINS All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく記載 | 個人情報保護方針 | サイトマップ